FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半額セールのファーストシーズンDVD-BOXについて 

期間限定半額ボックスをご購入になったベルママさまから、とても貴重な情報をいただきました。
当サイトでも豪華ボックスやボーナスディスクプレゼントが再度あるかのような表記をし、先日店頭で見かけた際に間違いに気づき訂正した次第です。大変申しわけございませんでした。
言い訳がましいのですが私も読んで誤解してしまったDVD詳細ページに関しての、ワーナーホームビデオの対応はひどいものだったようです。

私の文章が入ると微妙な部分が変わる可能性を考え、詳細を教えてくださったメールの一部の転載をお願いしたところ、承諾していただけました。
ベルママさまからのメッセージもお読みくださいませ。

メッセージはこちらです。

「ヤング・スーパーマンだけではなく、新スーパーマンでも、私と同じようにがっかりした購入者さんがいるかも知れません。ワーナーホームビデオの記述を見て購入した人は一度問い合わせて下さい。同じような声が多くなれば今後の対応が変わるかも知れません。」

以下が、いただいた体験談です。
最初と後半部分は省略させていただきました。
-----------------
届いた箱を開けたら、プラスチックケース入りが2個入ってました。
初回限定の豪華ボックスは、予約が遅かったからもう品切れだったのかな、と少しがっかりしたけど、ボーナスディスクはもらえるんだから、と開封しました。
けれど、応募についての説明が、全然何も入ってなかったんです。
最初は訳がわからず、何回も中を調べました。
そのうちに、これはワーナーホームビデオのページに載ってる内容が、間違っているのだと思いました。

メールをしよう、と思ったのですが、アドレスが分かりませんでした。
休み明け13日の午前中に、テクニカルセンターのフリーダイヤルに電話して、どこに聞いたらいいか尋ねたら、そこで受け付けてもらえるとの事で質問しました。
Tさんという男性で、私が最初うまく説明できずちょっと混乱させてしまいましたが、理解してもらえて、後日電話をくれる事になりました。

翌日の午前中に、Tさんから電話がありました。
私が真剣に腹が立ったのはこの時です。
Tさんは良い人だった事を、最初に言っておきますね。担当部署からの返答が、腹が立ったのです。
内容はこうです。「期間限定DVDのページに記載した豪華ボックスや、ボーナスディスクの情報は、去年発売されたボックスについての表記で、載せてあっても間違いではない。」
「紛らわしい表記だったかもしれないが、今回は初回版ではない。」「なるべく早く、ホームページの記載を変更する。」
「ボーナスディスクだけの発売予定はない。」
私がもっと腹が立ったのは、一方的にテクニカルセンターのようなお客様係に伝えさせて、実際の担当者が連絡をして来ないワーナーホームビデオの、誠意の無い姿勢です。
明らかな不当表記で、これがもしハリー・ポッターのような人気DVDだったら物凄い騒動になっていると思います。ヤング・スーパーマンだから好い加減な記述をして、好い加減な対応をしてるとしか思えません。
念のため「新スーパーマン」の記述ページも見たら、やっぱり同じ間違い記述をしていました。それも伝えたけど、Tさんは担当者ではないので埒が明きませんでした。お客様係に、永遠と愚痴を言うのも悪いと思って30分くらいで、もういいです、と言って切りました。」
途中省略
「今回のボーナスディスクにも、ワーナーホームビデオに対して、疑問があるのに、嘘の記述をしてそれを認めない態度に腹が立ちました。」
------------
以上です。
ベルママさま、ほんとうにありがとうございました。

もしも当サイトの情報を見て今回の半額セールで買おうと決心なさった方がいらしたら、心よりお詫び申し上げます。
私もベルママさまと同じく、詳細ページを見てすっかり今回も応募があるのだと思っておりました。
深く反省し、今後は必ずメーカー側に問い合わせてから載せるようにいたします。

シーズン3 第8話「砕け散った心/Shattered」 

このエピソードが日本で放送されるのを待ちに待っておりました。
実はビデオとDVDで何度も何度も見てるエピソードなのですが、すごいことにそれぞれの吹き替えに違和感を感じませんでした。特にレックスの吹き替えは見事だと思います。

しかしただ褒めるのではよろしくない。ここはもっと贅沢を言ってみたい、なにせ長く待ったんだからそれくらい言わせてくれ。

レックスがクラークに裏切りの値段は、と言ってた部分なんですが、原語では"What's the price of a Judas kiss these days?"と、大げさな形容でした。
せめて「裏切りの日々の値段は」とでもなればもっとドラマティックだったかなと。

でも満足です。
最後のシーンはもちろんちょっと泣けました。JGとMRの演技は絶妙です。そこへもってきて「Hurt」です。

どこの家庭もケント家みたいにうまくいけば一番いいんですけどね…それじゃドラマ終わっちゃうし。

次回の「親友の記憶/Asylum」では意外な人達が再度登場します。
現地の放映時には今回と次回の間が感謝祭から年末までの特別番組編成のため約八週間近く空き、ドラマも「七週間後」から始まりました。
それがすぐ見られちゃうのはいいですが、その事情を知らないで見るととんでもなく突拍子もない時間の飛び方に見えるかもしれませんね。

ジョン・グローバーのアルツハイマー基金オークション開始 

毎年恒例となったジョン・グローバーによるアルツハイマー募金オークションが、現地時間の11月2日午後六時より始まるそうです。今年はどんなものがでるのか楽しみですね。
Kryptonsiteでも出品物が紹介されるとか。

ヤング・スーパーマンDVDコレクターズ・ボックス1発売決定! 

セイさま、一砂さま、karsyさまからの最新情報です!
「ヤング・スーパーマン」セカンドシーズンDVDボックスの発売が決定しました!
ボックス1の発売日は12月22日、ボックス2は1月26日。
なお今回は映像特典が同時収録されているようです。
セイさま、一砂さま、karsyさま、情報をどうもありがとうございます!

ファーストシーズンDVDのときは、映像特典が初回限定でプレゼントという形で残念な形式でしたが、セカンド・シーズンDVDコレクターズ・ボックスには全て入っているようです。
私が期待しているのは「赤い宝石」のキャスト&スタッフによる音声解説です。トム・ウェリング、マイケル・ローゼンバウム、グレッグ・ビーマン、クリスティン・クルックの四名で大騒ぎしています(主にMRとGBなんですが/笑)

嬉しいです。スーパーマン・リターンズのおかげです。ありがとう本家クラーク・ケント!

20話「衝撃のビジョン」の遊園地 

ハンドルネーム黒江さまから、「衝撃のビジョン」で出てきた遊園地について疑問をいただきました。
人口一万人のスモールビルに遊園地…確かに言われてみればちょっと変です。そこで原語を確認したところ、犯人のアルバイト場所が「carnival grounds」と表現されていました。carnival groundsとは直訳すると移動式遊園地の敷地、という感じでしょうか。
日本語吹き替えでは単に「遊園地」といわれていましたが、実際には移動式遊園地だったようです。さっそくこの情報をサイトのエピソードこぼれ話に追加させていただきました。
黒江さま、どうもありがとうございました。

「ヤング・スーパーマン」についての疑問点や発見などありましたら、ぜひお気軽に当方へお寄せくださいませ。こちらからお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。